讃岐うどんの丸香で真夏の一杯!

讃岐うどん・丸香へ通い始めて14年、初めて「冷やしうどん」をめっちゃ美味しく戴きました~(^^)/

東京・神田神保町も、お昼の気温は35℃。こんな暑い日には、特に冷たいものが食べたくなりますよね~。


【冷やしうどん】
いつもは「ワカメうどん」を温で戴く。イリコだしは瀬戸内の伊吹島から取り寄せている丸香。このめんつゆと丸香の主人が打つうどんの旨さの融合は、一度喉越しすると忘れられない。
小生は福岡県生まれでうどんは西日本風育ち。めんつゆはお椀の底が見える薄口しょうゆでイリコ出汁。丸香の讃岐うどんはこの生まれながら食べて来たものに近いのだ。


【神田神保町の丸香】

店内の席は30席ほど。全部カウンター式なのでさっさと食べて立って行く。待ち時間が少ないのは丸香の事前注文と、厨房内の段取りのよさだ。


【11時40分満席で外には15名の行列】
真夏日には日除け用の傘があると行列待機にいいかもです。

この記事に対するコメントは許可されていません。