ニューオーナー誕生(^^)/ ハーレー・ローライダーS !!

ハーレーニューオーナーデビュー(^^)/
お客様が納車を迎えた時、その笑顔は、やはり一番素敵です。
現在、販売中の2021年モデルも受注が終盤を迎えています。ビッグツインモデル(1200㏄以上)の中で、もっとも成約をいただきましたのが、こちらの「FXLRS・ローライダーS」。

本日の納車で愛車となったローライダーS、ご成約から納車お引渡しまで65日もお待たせ。それだけに歓びもひとしお。


【ニューオーナーのT・M様】

ハーレーダビッドソンの中で、モデルネーミングがもっとも有名なのは「ローライダー」「ファットボーイ」「スポーツスター」でしょうか。そのどれもが30年以上に亘って市販された人気モデル。
しかし、XLスポーツスター「XL883N」「XL1200X」など、2021年4月を以って生産を終了しました。XLの人気は未だ衰えることなく、毎日のように在庫問い合わせの電話が鳴っています。


【RA1250Sパンアメリカスペシャル試乗車】

見た目はデカいアドベンチャーマシンの中でも、ハーレーダビッドソン・パンアメリカスペシャルは、車重258kgにホイールベース1580mmとスペック的に見ても大柄だ。ところが取り回してみると意外にも軽く、バッテリーをエンジンの前方下側に置くなどマス集中と低重心化を徹底しているからだ。試乗した方を驚き感動させる軽快さと速さ。


【2021年モデルの入荷も終盤】

次期2022年モデルの発表は2022年の1月ですが、継続生産が予想されるモデルの予約を頂戴しておくと納期回答が早くなります。
正式な成約手続きはメーカーの発表を以って、予約のお客様と相談してカラーリング、排気量、タイプなど最終発注を行います。
現段階では、ご希望のハーレーダビッドソン・2022モデルの予約とさせて頂きます。


【FLTRXS ロードグライドスペシャル】

ツアラーモデルで根強い人気のFLTRXSロードグライドは、今販売している2021年型はまだ在庫はありますが、ユーロ5など地球規模の排ガス規制により、各モーターサイクルメーカーでは、現行モデルをファイナルエディションとして末期を迎えている。本当に最後の空冷となってしまいそうな状況です。
コロナの影響により生産の遅れや物流停滞が続いております。日本にストックしている車両の納期回答は、早くなりますのでお気軽にお問い合わせください。


【ハーレーダビッドソン亀戸主催で一緒にツーリング】

この記事に対するコメントは許可されていません。