お乗り替えもハーレー・ソフティルモデルへ(^^)

お乗り替えもソフティルモデル・ファットボーイ114へ。
ソフティルモデルの中にあって、日本では圧倒的な人気を誇るファットボーイ。
1990年の発売から30年を超えても、その人気に衰えはまったくない。
台東区在住のY・Wさまは、2014年にソフティルカスタムをお求めくださって、早くも7年が経って、そのソフティルカスタムもキチンと点検整備をハーレーダビッドソン亀戸へお出し頂いていたので、旧さを感じさせない。


【ファットボーイ114のオーナーへ台東区在住のY・Wさま】

永くハーレーダビッドソンに乗り継いでくださっているオーナーさんは、秋から冬にかけて乗り換えが多い。ハーレーのニューイヤーモデルの発表が8月で、日本へリリースが9月以降にニューモデルが上陸してきたこれまでの30余年間がその流れをつくってきた。
乗り換えのタイミングが分かってらっしゃるハーレーオールドオーナーなのであります。


【ソフティルモデル・ヘリテイジクラシックは年内納車可能】

ハーレーライダーは、ウィンターシーズングローブを持っている。それは当たり前だが、夏にハーレーオーナーになった方に、サマーグローブのまま冬を迎えていることが意外にも多い。明日から12月、気温がひとケタにならない前に「冬物グローブ」を準備したい。


【H-Dウィンターシーズングローブ】

この記事に対するコメントは許可されていません。