正規ディラーH-D亀戸の安心整備で安全運転!

ハーレーダビッドソンの日常点検整備は、乗っていく中で、ハーレーオーナーの皆さんが自分自身で行うことのできる点検です。
この点検は、空気圧や灯火類の作動、ハンドルやレバーやチェンジシフトなどのガタ、ハーレーの周りを回りながら状態を視たりすることによって、簡単に実施可能なものになっています。
定期点検整備は、走行距離や運行時の状態などから、オーナーが判断した適切な時期に6ヶ月、あるいは1年毎の定期点検整備などをハーレーダビッドソン亀戸にて受けて下さい。


【定期点検整備を完了して安心ライディングへ】

日常点検整備はバイクやクルマを使用する者の社会的責務と言えます。
群馬県渋川市でトラックのタイヤが走行中に外れ、500m転がり人に当たり怪我をさせてしまった事故がありました。これなど始業点検が義務を怠ったと運転手の責任も問われています。


【ハーレーダビッドソン亀戸の車検整備】

1台1台の使われ方や、運転するライダー1人1人のバイクやクルマへの考え方がさまざまであることから、個々の自動車が保安基準に、適合することを確認するのが「自動車検査」であり、ハーレーダビッドソンは、2年に一度「車検」を受けることが義務付けられている。
国土交通省・関東運輸局管轄の地方運輸局長が、自動車分解整備事業の認証をしています。
ハーレーダビッドソン亀戸はその小型二輪整備 認証工場となっています。


【正規ディラーの安心整備で安全運転】

この記事に対するコメントは許可されていません。