東京国際フォーラム(有楽町駅前)に2輪駐車場開設へ!

東京の玄関口となる有楽町駅。その目の前にある「東京国際フォーラム」には、二輪駐車場が無かった。

周辺は高層ビルが立ち並び、オシャレなビル街アーケードが続く丸の内方面と八重洲・日本橋方面の2つの顔を持つエリア。

しかし、バイクを停め置く場所が無かった。東京国際フォーラムは東京都都立の建物であり公的な施設でありながらバイク乗り入れ禁止との規制があった。

この7月1日いよ規制が見直され2輪駐車場が設置される。


【東京国際フォーラム】

丸の内にはレンガ造りの大駅舎である東京駅や皇居周辺の散策など、ツーリングでも立ち寄りがいのありそうなスポットも数多くあるので、東京国際フォーラムの二輪駐車場を利用してフラッと立ち寄れるようになる。

二輪駐車場案内⇒東京国際フォーラム…オートバイ駐車場 (オートバイ駐車場は7月1日から利用可)


【狙われているかのうように駐禁キップを切られた】

都内の2輪駐車場は深刻な状況にあり、乗って行った先にバイクを停める場所が無いというのは、道路行政が間違っているのだ。


【都心の仕事先周りはバイクが一番効率的】

国際フォーラムの二輪駐車場要望は、都内の二輪販売店・AJ東京組合員のお客さんであった水道や電気などのメンテナンス業者から、「有楽町近辺へ仕事で行くと駐禁反則キップを、たびたび切られ日当が吹き飛んだ」との苦情が多く寄せられていた。

7月から二輪駐車場開設へ⇒バイクのニュース
都立施設における自動二輪車(バイク)駐輪場の利用開始について。

【小池東京都知事の定例記者会見から】
次は、二輪車、バイクに関してであります。都立施設、それぞれ施設に駐車場がついてますよね。そういう中に、バイク用の駐車場、駐輪場を設けるという、そういうお知らせです。

【小池都知事】
都におきまして、この都庁舎、それから東京ビッグサイトなどの施設で、利用者の利便性を高めるということで、バイクでお越しになる方のために駐輪場提供をいたしてまいりました。今後この駐輪場を増やしていくということで、その施設についてお伝えをいたします。
まず、7月1日(金曜日)からは、東京国際フォーラムの地下の駐車場で、10台分のバイク用駐輪場の提供を開始をいたします。

これに合わせて、カーブミラーや、案内サインのほか、照明なども設けまして、安全にご利用できるように対応してまいります。
このほか、これからオープンする「東京たま未来メッセ」、そしてオリパラの競技会場でありました、先ほどもご紹介した東京アクアティクスセンター。これらの会場でも、バイク用の駐輪場の提供を予定をいたしております。

これからもご利用される方のニーズ、スペースなどを踏まえまして、都立の施設での駐輪場の提供を広げてまいります。これまでも私、二輪車の活用ということは、常々申し上げてまいりました。ただ停めておくと、あっという間に駐禁のあれを貼られて。使っていいのか。遠いところに停めたら、あまりバイクの意味がなくなるんですね。ですから、まずは都立の施設での駐輪場を作ろうということで、これまで調整してまいりました。
ようやくこれだけできるようになったということであります。

バイク運転される方、どうぞ安全に気をつけてそして快適にお乗りいただければと、このように思います。それで、一応私の方からお伝えするのは、以上の沢山の項目になりましたが、それでは質問の方、どうぞ。
(詳細は、政策企画局にお聞きください。)

(会見で使用したスライド資料は、こちらをご覧ください。)(PDF:611KB)

この記事に対するコメントは許可されていません。