小池東京都知事と東京オートバイ協同組合のEVバイク普及協定!

令和4年(2022年)10月25日、小池知事は、EVバイクバッテリーシェアサービス開始式。
東京オートバイ協同組合・理事長として、この開始式へ参席させていただきました。

【小池東京都知事とAJ東京・野間理事長】

あわせて、EVバイクの普及促進に向け、都内バイク販売店が加盟する「AJ東京・東京オートバイ協同組合」と協力していくことを目的とする協定の締結を行いました。

【小池東京都知事とEVコミューターバイク】

小池知事は、「残量の少なくなったバッテリーを都内の各所で交換できるよう、シェアサービスする場所の設置を支援し、普及につなげていきたい。そして、EVバイクを手頃な乗り物として、一層、普及させていくためには、身近な場所で購入ができたり、メンテナンスができたりと、販売店の皆様方の協力も必要。『東京オートバイ協同組合』の皆様方と協定を結び、連携をしていく。そしてEVバイクの普及に弾みをつけ、ゼロエミッション東京の実現に取り組んでいく。」と述べました。


【次代の電動二輪車は大型バイクへも】

東京オートバイ協同組合ではEVバイクの普及には、販売時から利用者へ正しい取り扱いとアフターサービスが、これまで以上に大切になると伝えていきます。バイクは生産段階からメンテナンスを施して利用することを前提に造られた乗り物。購入にはお店選びが、重要性を増す電動二輪車なのです。

ガソリンエンジンのバイクと同様に、電動二輪車にも駆動部の点検整備やタイヤ交換など、安全に使っていただくため、定期的なメンテナンスについてもこれらの知識と技術を備えた組合加盟店へ「AJ東京・電動二輪車取扱店」として認証して行きます。


【電動二輪車もメンテナンスが大切です】

https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/governor/governor/katsudo/2022/10/25_00.html

この記事に対するコメントは許可されていません。