レディースライダーがツアラーモデルへランクアップ!

ハーレーダビッドソンの旗艦モデル「FLHXS・ストリートグライド」へソフティル・ヘリテイジクラッシックからランクアップ。
スポーツスターXL1200Xフォーティエイト、FLHCS・ヘリテイジクラッシック、そして、今回のストリートグライドまで3台目のハーレーライダー歴5年で、2023・新年と共にニューハーレーで迎えた納車セレモニー(^^♪

【江東区在住のF・Cさんは亀戸のハーレー乗り】

ツアラーモデルであるストリートグライドは375㎏、前車のヘリテイジクラッシックは330㎏と車体重量では45kgの違いとなる。
それだけに重心を捉えたライディングや、エンジンストップ時における車体の取り回しを、極力少なくする「停め方」を覚えておきたい。
道の駅などでは、発進時を考え道路へ直ぐに乗り出し出来る位置の駐車に、心掛けておくことが肝要で、それらの慣れとともにコツが身に付いて行く。


【亀戸のツーリンググループ・東東京チャプターメンバー】

メーカーカタログでは「ツーリング」は、通称ツアラーモデルとも呼ぶ。レディースライダーでツアラーモデルオーナーは3人目となった。


【2022・東東京チャプターツーリング㏌軽井沢から】
ヘリテイジクラッシックを駆って行った軽井沢ツーリングから3ヶ月、ツアラーモデル・ストリートグライドへランクアップしたF・Cさんのチャレンジスピリットを称え、このたびの納車セレモニーおめでとうございます(^^)/…お買求めありがとうございました。

この記事に対するコメントは許可されていません。