新たなハーレー仲間との出逢い!

ハーレーダビッドソン亀戸より車両購入されて間もないお客様を対象に、春・夏・秋の年間3回「ニューオーナーツーリング」を開催している。

毎回、朝の集合場所では、参加名簿を見ながらニューオーナーとハーレーを観て回る。その出逢いにワクワクする。ニューオーナーツーリングには誘導やチームリーダーを含めて参加人数は26名位になる。それを3チームに分けて編成。

ここへ参加されるニューオーナーは、常連さんの紹介と提携自動車教習所からの卒業生が大半を占める。


【ランチは金目鯛の煮付け】

新たな仲間との出逢いはこのイベントが一番多いのは必然的だ。ニューオーナーの誘導やサポートに貢献をいただくチャプター役員は「オフィシャルイベント・チャプターツーリング」を含めて、年間15回開催あり大活躍している。


【生涯の仲間との出逢いも】

ハーレーというオートバイだけが持つ独自の雰囲気がある。それはグループを創り出すチカラであろうか…ハーレーオーナーとなってから、出逢いやその機会が増え自らも積極的になったと聞く。

同じハーレーを愛車とするもののモデルの違いがある。しかしツーリング目的地などを通して、それぞれが違った個性と価値観をじっくりと認め合う。

四季を通して、亀戸のハーレーオーナーと一緒にツーリング。互いの「走りクセ」も分り旅先のグルメも味わい共感しあう。

永い付き合いの途中には、遠方へ引っ越したり、中には他銘柄バイクへ乗り換えたりとそこで縁も離れて行った人もいる。


【趣味の集いは時間を守ることから】

御年79歳のハーレー乗り「サブちゃん」こと吉田さんが云う。❝遊びは平らで❞なきゃならない。…つまり集いや共有する楽しみの場では、相互が感謝を心で分かち合い、参加費なども割勘として負担。新たなハーレー仲間との出逢い、旧いお付き合いも「遊びは平ら」にが、長続きのコツである(^.^)

コメント送信フォーム

※ブログの管理者が公開を承認するまでコメントが反映されない場合がございます。申し訳ございませんが、認証が完了するまでお待ちください。