夏休み前・愛車点検やオイル交換を!

「今年は青森県など東北をツーリングしようと思っています」「四国へしまなみ海道を通って行きたい」…など、夏休みを控えてロングツーリングプランをお客様から聞くようになった。

日頃から、ハーレーダビッドソンを乗っている方なら、エンジンの調子や走行上の変化に気づくことがある。例えば朝のセルモーターの回り強さとエンジン始動の具合、ハンドルが重いのはタイヤ空気圧かな?がそれである。

H.O.Gロードサービス出動、オートバイでは1位が「バッテリーあがり」 2位が「パンク」 3位は「ガス欠」だそうだ。


【ハーレー仲間で行くプライベートツーリング】

ハーレーオーナー同士で、ツーリングへ出かけると初心者なら先輩ライダーから自然にノウハウを教わる。例えば1リットル当たりの走行距離、バッテリー充電や交換時期、タイヤの摩耗交換時期などを会話から教わっていくものだ。

ツーリング先で、マシントラブルを起こすオーナーは、日頃の点検整備もおろそかな場合が多い。何よりもハーレーに乗っていない。最低でも1年に一度は、キチンとプロへ点検整備を依頼したいもの。


【ロングツーリングにミュージックは欠かせない】

最近は、スマホから音楽をスピーカーから好きなミュージックを流しながら走れる。ロングツーリングに備えてハンドルへスピーカーを装備したダイナだ。


【マイナスイオンに抱擁されながら駆ける】

今朝も常磐道・守谷SAには10名ハーレー仲間が集ってプライベートツーリングへ。

当店主催のツーリングを通して出会い、仲間となって気の合う者同士が誘い誘われていく。
大人の遊びや集いには語らずともマナーとルールがある。

それはつまり「時間を守る」「ガソリン満タンなど準備をしている」などだ。

それは普通の常識だったりする。出発直前にタバコを吸い始める、或いはガソリン給油に行くなど、仲間からすれば常識外れとなるのだ。プライベートツーリングの場合はこれらの常識にプラス走り方スタイルがある。

高速道路での巡行走行では、仲間の10台と共に隊列を組んで、中央線側、路側帯の斜めにキープしながら千鳥編成で駆ける。

ここに遅れたり、千鳥隊列がずっと組めないライダーがいる。自分では気づかないことあるので、仲間で聞いてみよう。

簡単なことだが、集いのマナーをちゃんとわきまえている「大人」が次の機会でも誘われ再会を重ねていける。


【ツーリング先のグルメ探訪も楽しみ】

亀戸のハーレー仲間で行くツーリングや、イベントは「大人の集い」なのである。

コメント送信フォーム

※ブログの管理者が公開を承認するまでコメントが反映されない場合がございます。申し訳ございませんが、認証が完了するまでお待ちください。