想い出の北海道ツーリングin大雪山・旭岳

2015・16年と2年連続して、北海道ツーリングを家族3人でそれぞれがハーレーライダーとして駆けた(^^♪。北海道へは、これまで何回かツーリングをしてきたがハーレーだと何度駆けても、新たな感動を東京へ持ち帰れる。

ここ数年は、1日の走行距離を概ね350kmまでに抑え、ひたすらハーレーで北の大地を走るだけでなく、サイドスタンドを出してエンジンを切り、歩き、観光地を愉しんでいる。

昨年も、5泊6日の行程で前半は天気に恵まれた。ここ大雪山・旭岳へはロープウェイで登る。眼下には富良野が、その雄大さを紹介できないのが残念(^◇^)。


【大雪山・旭岳】

1990年に初めての北海道ツーリング。ひたすら北海道の地形を巡るように廻った。その頃から、大雪山に行って見たいとずっと思っていた。何度か巡るとツーリングで通り過ぎた名所や観光地を歩きたくなった。北の大地ならではの土の匂い、大蕗のような植物などもじっくり観賞できる。


【美瑛町の青い池】

6月末に納車した中央区のS山さん、リターンライダーのお一人だが、来週から2週間の予定で北海道ツーリングへ出発する。

東京から新潟県を経て、日本海を見ながら青森県へ向かい、青函連絡船に乗り北海道函館へと(^^♪…そこから時計回りに岬めぐりの1周だとか。


【北海道ツーリングで駆けた富良野・美瑛】

小生のバイクの出会いは「ホンダ・カブ号50」である。アルバイトで新聞配達をしていた学生時代、それまで自転車で配達。

新聞店のご主人が「これにチョット乗って見ろよ」とすすめられ乗ってみた。それがきっかけとなり原付免許を取った。休日はご主人に許しを貰いそのカブ号で走り回ったものだ。


【ハーレーダビッドソンのエンジンは1745㏄】

社会人となり、就職先が本田技研工業を選んだのもカブ号での感動があったからだ。
最初に買ったのがホンダ・ベンリイCS90、ホンダ・CB450K1へと排気量がアップしていく。小生は思う、250ccを超えるオートバイを持っているなら、ライダーパラダイスと呼ばれる「北海道」をツーリングで駆けて欲しいと思う。

コメント送信フォーム

※ブログの管理者が公開を承認するまでコメントが反映されない場合がございます。申し訳ございませんが、認証が完了するまでお待ちください。