初秋ツーリングin八ヶ岳高原へ行こう!

初秋ツーリングin八ヶ岳高原へ行こう!…と、呼びかけるブログタイトルだが、亀戸は気温30℃超だ。先週、このツーリングコースを休業の月曜日に下見を終えた。

これまで八ヶ岳高原へは中央道を往復使っていたが、今回は佐久平へ降り長野道から関越道を経て帰京する。


【標高1450mの野辺山高原は23℃】

7月~9月は高原ルートをツーリングコースとしている。快適な気温は20℃~24℃だろう。平野部では猛暑で堪える。


【2015年から2年ぶりの八ヶ岳ツーリング】

甲府盆地から八ヶ岳山麓が見えてくると気温はジワリと下がっていく。標高1300mの標識をあたりから気温は23℃を指していた。
八ヶ岳高原の緑は豊かで、ここで息をしている限りずっと健康のような気がする。


【横川サービスエリア】

佐久平から長野道へ。最初の休憩、横川SAには約40分後に到着する。館内に人だかりが目に入った「荻野家・峠の釜めし」である。その歴史は横川駅ホームでの駅弁から始まる。その面影を館内の列車モニュメントが子供たちに人気だ。


【峠の釜めしは大人気】


【2015年のツーリングから滝沢牧場で】

おかげさまでハーレーダビッドソン亀戸は開店20周を迎えることが出来ました。同じく、亀戸のハーレー仲間でありオフィシャルクラブ「東東京チャプター」も創立20周年を迎えてました。

初めてハーレーダビッドソンに乗る方が、購入後に当店主催のツーリングを愉しんで戴きたいと、アフターサービスの一環として開催のツーリング。毎回参加者は70名を超えています。

9月3日(日)開催の「初秋ツーリングin八ヶ岳高原」は、本日より参加募集スタートです。

コメント送信フォーム

※ブログの管理者が公開を承認するまでコメントが反映されない場合がございます。申し訳ございませんが、認証が完了するまでお待ちください。