サマーツーリング㏌北軽井沢を催行(速報)!

西日本では線状降雨帯による連日の大雨。関東地方もツーリング当日まで降水確率は50%を切っているものの、群馬県の碓氷峠を経て軽井沢へ向かう高地の天候が気になる。

集合場所の三芳PAでスマホの雨雲レーダーによれば降水確率は70%に。しかし、参加した亀戸のハーレー仲間62名の眼差しは軽井沢へ向いていた(^^♪


【関越道・三芳PAへ午前7時集合】

関越道を藤岡ジャンクションを長野道へ。雨を覚悟してレインウェアを着た。松井田妙義ICを下車し「峠の釜めし・おぎの屋」で休憩。

碓氷バイパスを駆けのぼる。それまでに降った雨が路面を濡らしていたが渇きはじめいる。雨にほとんど遭わない。ヤッタ~~(^^♪


【宮本会長のリードで碓氷峠を全員無事に越えた】

ハーレーダビッドソンの乗り方として、登り坂の方がコントロールしやすい。スロットルを戻ゼば重い車体は減速し停まる。しかし、下り坂では自重もあってそうは行かない。下り坂のワインディングロードでラィディングに経験の違いと巧さが走りに出るものだ。


【軽井沢から北軽井沢へ新緑の別荘地を駆け抜ける】

今回はストレートグライドCVOのエントリーが目立った。彼らCVOオーナーも気になる湿った路面もドライになりつつある。これなら少し安心してパワーを使い走れるというもの。


【R146で八ッ場へ向かう】

R146号は対抗車も無く、快適なワインディングロードだ。

【八ッ場ダム道路から】


【晴男と晴れ女のツーリンググループです~】

関越道・上里SAにて3時前に解散。全員無事に帰京!(^^)!…オフィシャルフォトは後日、仕上がり次第ここで公開します。ご期待ください。

コメント送信フォーム

※ブログの管理者が公開を承認するまでコメントが反映されない場合がございます。申し訳ございませんが、認証が完了するまでお待ちください。