ハーレーライダーは骨を鍛えよう(^^♪

ハーレーダビッドソンを乗りこなすには体力はもとより、体幹を成す骨も柔軟性と強靭さが大切だ。骨は見えないが50歳を境に、衰えや老化が始まるといわれる。

健全な状態を維持するには、カルシュウムをバランス良く摂ることが肝要だ。日帰りで行くグルメツーリングにも、時々はテーマを設定して「カルシュウムツーリング」を、今秋はそんなプランもしてみたい。

【由比・くらさわや】

健康を維持するには普段からの努力が大切になる。塩分を控えることや、1日40分程度の歩きとラジオ体操のような屈伸運動を実行したい。小生は仕事終了後、週末3回から4回は体育館でスポーツジムで歩いている。

その甲斐あってか、おかげさまで大した病気にもかからない。

ハーレーダビッドソンに乗り続けるには、体力、気力、経済力の維持がカナメ。「継続はチカラ」と格言がある。まさに長く愉しく乗るには、3要素を持つオーナーが多いのに気づく。

由比・くらさわや

骨を鍛えよう! その意図は健康を維持しようにある。人間は動物だ、原理から云えば「動かないと死ぬ」のだ。動いていないと健康を保てない。

人は交流によって生き活かされている。ハーレーダビッドソンのオーナー同士がツーリングを介して、余暇を趣味で分かち合うことも、精神的な栄養となるのだ。楽しみの多いことは豊な人生と云える。

【亀戸の平日グルメツーリング】

ツーリングが最高に楽しいシーズンを迎えている。せっかく手にしたハーレーダビッドソン、さぁ~出かけよう。

コメント送信フォーム

※ブログの管理者が公開を承認するまでコメントが反映されない場合がございます。申し訳ございませんが、認証が完了するまでお待ちください。