平成から令和へ 走る歓びは永遠に‼

2019年4月30日 平成最後の日を迎えました。

ちょ~ど10年前、亀戸のツーリングクラブ「ひがし東京チャプター」は「春のグルメツーリング㏌河口湖」へ、ほうとうを目指して駆けています。

その時の冨士山も、今年の「春のグルメツーリングIn山梨・河口湖ほうとう」で観た冨士山。時代は代れどその美しさは永遠に。

昭和生まれの小生、昭和はホンダモーターサイクルの時代、平成は、もっともハーレーダビッドソンで走った20年となった。

【河口湖大橋から望む】

【2010年・春のグルメツーリングin河口湖・宝刀屋敷】

時代は進んでも「ハーレーダビッドソンで走る歓び」は不変(^^♪。
10年ひと昔と云われ、区切りや節目の年になる時を表す。何事も10年前とは変化しているとの例えであろう。

ひがし東京チャプターもメンバーも入れ替わり、ライダーを卒業した人、他の銘柄バイクへ換えた人、いろんな事情で去っていった人をこの10年間に見る。

平成時代は、ハーレーダビッドソン仲間と走り楽しんだ想い出になるだろう、この2010年の写真。

【2010年・足柄サービスエリアにて】

ハーレーダビッドソン亀戸が開店した1998年。車両を購入いただいたお客様だけを誘って始まった「ツーリングプラン」単に車両販売にとどまらず、購入した愛車で「走って愉しむ機会」を提供。最初は10人足らずの小さなグループだった。

開店から3年目の2000年、ひがし東京チャプターのツーリングは、参加台数は30台を超え始め、2005年以降より60台以上の参加が毎回。

これまでの最大は、2017年「新春ツーリングIN犬吠埼・一山いけす」の98台/103名。多分、関東最大規模になったと思われます。

【2019年「春のグルメツーリングIn山梨・ほうとう歩成】

吉田喜一郎さん(旗の右手)は現役チャプターメンバーで、御年80歳となられたが、ひとたびハーレーダビッドソンに乗ると、その身のこなしは40代の若さへ還ったような(*^^)v。

【2019年3月 愛車はツーリングモデルが目立ってきた】

1998年のツーリングプランでの走行距離をたどると、日帰りプランでは往復300km~360km、1泊2日プランでは往復500kmが多い。最近では日帰りプランで400km、泊りは800kmとなっている。

時代は平成から令和へ 走る歓びは永遠に続きます!(^^)!

コメント送信フォーム

※ブログの管理者が公開を承認するまでコメントが反映されない場合がございます。申し訳ございませんが、認証が完了するまでお待ちください。