夏になると北海道ツーリングを想い出す!

1980年代に入ると、それまでの250㏄から900㏄、1000㏄へとオートバイは大型化を迎えていた。

伴って、オートバイでの長距離も快適になり、本州のいたる町から北海道へ向かうバイクライダーは年々増加していった。小生もそのひとりであった!(^^)!…当時の意識として「750㏄のバイクを持っているのにどうして北海道へ行かないの?」そういった思いでバイク仲間をみたりしていた。

あれから40余年の歳月が経ち、妻と次男がそれぞれにライダーとなって、ハーレーダビッドソンを駆けて北海道を家族でツーリングした2015・2016年を想い出す。ちなみに我々のハーレーは全車1650㏄を超えるビッグツインモデルである。

【北海道をツーリング】

東京近郊では見られない北海道の風景は、オートバイだからこそ風の性格さえも感じ取れるのだ。クルマで同じ道を走ってもそれは感じないだろう。

【足寄町・神秘のオンネトー湖】

「阿寒摩周国立公園」にある湖。オンネトーは、アイヌ語で「年老いた沼」あるいは「大きな沼」の意味だという。
雌阿寒岳の噴火により螺湾川の流れが止められてできた湖。北海道では三大秘湖のひとつだ。見る時間や季節によって湖面の色が変化する「五色沼」となる。

【道東・硫黄山】

活火山に指定されている硫黄山。川湯温泉の源でもあり、ゴーゴーと言う音と噴煙が立ち込めて、あたりはイオウに匂いで包まれる。

【道東・清水町にあるサクラの滝】

硫黄山からバイクで15分で「サクラの滝」へ。関東では絶対に見られないマスの遡上には我々家族3人、その「サクラマス」の滝へ登る躍動感に釘付けになった。

【道北・オロロンライン】

道東から本土最北端・宗谷岬を巡って反時計回りに稚内市からオロロンラインへ。
北海道ツーリングのコツは、1日300kmまでに走行距離を抑えて、サイドスタンドを出して、自らの脚で「北の大地」を感じるかだ!(^^)!…ハーレーダビッドソンを持っているのに、北海道ツーリングへ行かないなんて一番もったいない。

コメント送信フォーム

※ブログの管理者が公開を承認するまでコメントが反映されない場合がございます。申し訳ございませんが、認証が完了するまでお待ちください。