日帰り温泉へ癒しツーリング(^^♪

休日は日帰り温泉にいます~(^^♪…ここ何年かはそんな休日を過ごすことが多くなりました。

出かける前にネットで検索して新規オープンの施設を探し、亀戸から60分位で行けるところを選んで行く。

ありました~千葉県、2019年5月オープンの「小谷流・森の湯」です。

【森の湯】

東金道・山田ICから出て10分ほど走ると小谷流という地区にあった。ゴルフ場があちこちに点在する丘陵で、ここ「森の湯」もゴルフ場経営の施設のようだ。

入場料は地域にしては高めで、レストランも意匠され雰囲気は好く、メニューは豊富ながら代金はやや高めだ。

【源泉かけ流しの黄金色の湯】

この10年間で、日帰り温泉施設のレベルアップは著しいようだ。下駄箱キーやらロッカーキーを持ち歩き、館内の飲み物をコインでなんて時代遅れの施設は、近年で完全に淘汰されて来ている。

令和次代の施設の機能として、天然温泉に加えて岩盤浴、炭酸泉、この2点が無いと競争のスタートに立てない。美味しくメニュー豊富な食堂、館内着や岩盤浴着で1日過ごせるコインレス機能は標準だ。

垢落とし銭湯の時代は完全に終え、「癒しの日帰り温泉」から、さらにレジャー産業へ向かっているように思える。

実はハーレーダビッドソン業界も同じで、単にバイク販売とアフターサービスだけで善かった時代は終えている。モノ売りから「コトを通してモノを売る時代」へ入っているのだ。

【洞窟もあってアクセント】

お堅い展開になってしまったが、ここ森の湯の源泉かけ流しのお湯は黄金色で温度も39℃とほどよい。

露天風呂が広くてゆったりとし気分よく滞在できるが、日除けや屋根が無いので陽射しをモロにうけくつろげない。

リラクゼーションが無いのが小生としては残念だった。そんなことで「森の湯」評価は5☆中…☆☆☆です~(^^♪

この記事に対するコメントは許可されていません。