越境はちょっと先のツーリングプランに!

新型コロナウイルス感染症の対策から県境をまたぐ移動の自粛要請について、6月1日から一部緩和することが決まった。観光目的での県外移動や、イベントの開催については、政府の基本的対処方針に沿って段階的に進めるという。

東京都から他県への移動は18日まで第一ステップでは「やむなく場合を除き移動を避ける」として自粛を継続。

【県境のあの峠道は19日以降にツーリングプランを】

【都内で過ごす18日までジッと辛抱を】

イベント・行事の開催については、全国的・広域的に人の移動が見込まれる祭りは7月31日まで自粛を求められる。
8月以降は十分に人との間隔を取りながらであれば可とした。大勢が集うコンサートや催事は、6月1日から7月31日まで3週間ごとに段階を設け、参加人数の上限を徐々に引き上げられる。

【黒潮流れるシーサイドラインを駆けたい】

普段なら5月から6月上旬は気候も良くて、絶好のツーリング日和のはずが、今年はコロナに伴う外出自粛要請により、バイク乗りにとってツラい状況が続いている。そんな努力が成果をみて間もなく自由にハーレーダビッドソン乗れる。もう少しの辛抱だ(^^♪

【次期ツーリングプランを近日には発表したい】

6月7日(日)の東東京チャプター・マイナーツーリングは中止。なお順延開催に向けて準備中です。

この記事に対するコメントは許可されていません。