どのメーカーでも扱える時代ではないのです。

待っていました~この納車の日を(^^♪…大変お待たせいたしました。
ハーレーダビッドソン・スポーツスターフォーティエイト。約10ヶ月に及んだ待望の日々。
ニューオーナーとなった江東区在住のJ・Yさま。


【J・YさまとXL1200Xフォーティエイト】

昨年の10月に注文を頂いて、お待たせして10ヶ月目のお引き渡しとなりました。ハーレーダビッドソンに限らずモーターサイクルメーカー各社、またクルマも生産遅延による納期が大幅に遅くなっている。
2019年秋に中国・武漢市でコロナウィルスが発生。それは世界的に拡がり、我々の業界では半導体製造の停滞へとなり、3年目となっても世界的にも深刻な工業製品の生産遅延が続いている。
納車待ちの原因はつまるところこの1点にあります。


【ハーレーダビッドソン走ってナンボです(^^♪】

ハーレーダビッドソンも製造段階から、メンテナンスをしながら乗るオートバイ。お客様にお引き渡しを終えると、初回点検、6カ月、12か月、24ヶ月点検、と購入店でのメンテナンスを受けて万全な状態を維持していきます。
H-D亀戸では、自店購入のお客様を最優先にサービス行程をとっています。

時折り「車両を遠くのディラーで買って自宅は亀戸店が近い」と修理不具合の相談を受けることがあります。
その多くは、そこでの改造や車両取り扱い説明を、購入先から聞いていないことによる事象が目立っています。

【ハーレーダビッドソンは、アフターサービスを視野に】

ハーレーダビッドソンは、アフターサービスを視野に購入店と車両を一緒に検討してしたいもの。
買ったことも何かのご縁。購入内容に納得の上のこと。遠いところであってもそのお店へアフターサービスを依頼してください。
なお、4月から10月のバイクシーズンはサービス工場は立て込みお受けできません。


【H-D亀戸のメンテナンス完全予約制です】

現在のモーターサイクル系列店は、それぞれのメーカー専売店となっています。
1990年のハーレーダビッドソンから始まった専売店は、BMW、ドカッティ、平成からホンダ、カワサキ、最近ではヤマハが専売店へ。
これらのメーカー専売店は、車両のIT化に伴うメーカー独自のシステムと、それに対応する診断システムを傘下の専売店だけにおいています。
今や、どのメーカーでも扱えるという時代ではないのです。

この記事に対するコメントは許可されていません。