ハーレーダビッドソン夏の楽しみ方(^^♪

照りつける真夏日の太陽と、股間から湧き上がるエンジン熱は、都心で停まると暑さが頂点に達する。
だからこそ、夏のハーレーダビッドソンは早朝に出発して標高差1000m以上の高原ルートを楽しむことだ。


【H-Dモータークローズもサマーシャツで夏は決めたい】

ハーレーオーナーは意外にも遠乗りする方は少なく、自宅から半径100km圏内の走行が多く目立つ。
また、その走行回数も極めて少ない。小生が若かりし昭和の頃、ホンダカブ50から、ベンリイCS90、CB450K-1とエンジン排気量が大きくなるたびに、目的地がより遠くへなって行った。まさに、ツーリングを目的に、手にした大型バイクたちだった。

オートバイ乗りも平成から令和へと時代も移り、捉え方や使い方が変わってきている。
ハーレーダビッドソンは、もとより日本に於いては「走るため」というよりも大東亜戦争後の欧米への羨望、舶来品から来る異国文化への憧れが成したことによる「持つ歓び」から来るものなのだろう。


【九十九里シーサイドラインは気持ちイイ~】

休日に、ハーレーダビッドソンを車庫から出してソロでも駆け出すオーナーは多くはいない。ツーリングプランを創り日程と集合場所を案内。これにエントリーするハーレーオーナーが、圧倒的多数のハーレーダビッドソン亀戸のお客様である。


【ハーレーダビッドソン夏の楽しみ方は標高差千mへ】

この写真は、光徳牧場やアストリアホテルへ向かう新緑トンネルの道である。いろは坂から奥日光へ駆け上がって行くと気温差も10℃下がり真夏の涼風ロードを体感できる。

この記事に対するコメントは許可されていません。